急激な温度上昇の変化に対応できるように身体を育てる

和道ヨガでお伝えしている季節の養生法で、汗についてお伝えしていることがあります。 汗をかく時期にしっかりかき、かいた汗はしっかり拭く事。 それをしないとどうなるかは、和道ヨガの恩師から野口整体での「汗の内攻」の教えを学びました。 私は数年前にこの「汗の内攻」による体験をしました。 汗をかいてそのままにしてしまったせいで、そのあと、とってもしんどい体験をしたのです。 めまい。それは今まで経験したことないめまいでした。 更年期か、メニエールか・・それとも他に何があるのだろうかと不安でした 汗の内攻の事を思い出し、その手当をして、いつも通りの体調に戻りました。 暑い季節を乗り越えるには、汗が出やすいカラダにしておくことです 汗のツボは肩甲骨間部の真ん中辺りにあります そこを晒して巻いて汗をかきづらくしたのが、昔の花魁、芸妓さんと聞いてます。 白粉が汗で流れてしまわないようにするためなんですね〜 昨日天気予報で、気象予報士が、「急激な温度上昇の変化に対応できるように、お風呂で汗をかいて汗をかけるようにしましょう」と言ってました。 風邪ひいて汗をかくと体温

暑い季節には?

札幌暑いです・・ 北の北海道が日本で1番暑いなんて・・・これからますます、気象の変化がきになるところです 和道ヨガでお伝えしている季節の養生法で、「暑い季節は呼吸器が疲れる」ということをお伝えし、それに対応している体操をご紹介しています 胸の動きと背中の動きを柔らかくする 肩甲骨の動きをよくする体操の一つとしてこのポーズをしています ヨガのワシのポーズの変形 ワシのポーズの効果は、二の腕がが細くなると言われています 二の腕は呼吸器の関連部位です そして、肩甲骨が開きやすくなるポーズです 気温の変化についていかれず、風邪ひいたり体調崩すのは、身体の弾力がないからだと言われています 季節には閉める時季、開く時季があります 今の気象状況は、急変が多く、今までのグラデーションのような変化ではなくなってきていることに気づきましょう 臨機応変に季節、温度に対応できる身体は体調不良になりづらいことを学びましょう 和道ヨガは、季節に、急変に対応できる身体に育てていきます 季節に関係なく、肩甲骨の動き、胸が硬くなる原因もあります。 食べ過ぎ、猫背、スマホ、パソコン

伝わっている・・・

こんなに褒められてしまって・・・(恐縮です) 和道ヨガでお伝えしていることがちゃんと伝わっていることが嬉しくてシェアさせていただきます。 以下、FBから丸ごとコピーさせていただきました。 【満を持して!?】 (いやー…ドキドキしながら書いてます。笑) 実は、以前から私と繋がってくださっている大切な皆様に、ステキすぎる由三子先生をいつの日か、いつの日か、お繋したいと思っていました。 でも正直、トウリーディングと同じで、先生の伝えてくださっている内容は、もう体感して頂くしか、その素晴らしさをご理解いただけないものと感じておりまして… 言葉に出来ないからこそ、紹介したくてもどう伝えれば? 私が伝えることで変に伝わってしまったら? と二の足を踏みまくりで、一部の方にのみ、由三子先生のお名前は出させて頂いておりました。笑 が、先生がステキなチャレンジをされると伺いまして、これを機に由三子先生の記事をシェアしつつ、ご紹介をと思います。 (前置き長くてすみません💦) 矢萩由三子先生は、和道ヨガというものを伝える活動をされています。 和道ヨガという名前から

嬉しいことが続いて嬉しい!

嬉しいことが続いている ①ずーっとずーっと気になっていたことを思い切って聞いてみた。 「付き合っている人いる?」 答えは・・ 「はい!!!」 これはもうすごく嬉しかった! 「いません・・」と言われる可能性が高いと勝手に思っていたのが悪かった!(ごめんね) すっごくホッとしました。嬉しかった。 付き合いの長い生徒さんには私はまるで母親の心境です。 ②名前に見覚えるある方から年賀状がきました。 6年〜7年ぐらい連絡とりあってない和道ヨガの生徒さんでした。 あらためてFBでお友達になって、メッセージやりとりを始めてとっても楽しいのです。 その方が私の昔のお稽古で行った言葉に感動して泣いたという昔話をしてくれました。 心に残る言葉があったのなら、それも嬉しいことです。 彼女と久しぶりに再会するのが楽しみ楽しみ! ③体調不良が続く生徒さんが、入会して3年たちました。今年一月のお稽古を1ヶ月休まずに参加できたのです。初めてなんです。 これは彼女と私にとってとっても嬉しいこと! 続けば嬉しいけれど、続かなくても大丈夫。 焦らない。 彼女のペースを絶対に尊重する

お友達が増えました!

先日の東京支部稽古で、今年の地方お稽古は終わりになりました。 和道ヨガを東京で開催し始めたころは、一緒に楽しんで歩いて下さる方ができるとは想像する事ができませんでした。 そろそろ、10年になります。 和道ヨガを東京で根付かせたいと思いましたが、札幌在住の私には会場を確保したり、宣伝したりする事が大変難儀でした。 地元で教室を開くのとは全く別物でした。 ツテも、コネもなく、後ろ盾ももちろんなく・・・ それでも毎月東京で開催を継続してきました。 今更ですが、この無謀さに自分で驚いています〜 その無謀な行動のお陰で、生徒さんというより、和道ヨガがきっかけでお友達が増えました。 悲しいこと、怖いこと・・色々ありましたが、大好きな方ばかりに囲まれるようになりました。 遠方であることは 物凄いリスクなのですが、名古屋でも定期開催が続いています。 何回通ったら認定書がでるとか、資格が得られる・・そういうものは全くないのに。 これからも、 日本人の特性(感性が豊かであるという魅力)を日常に活かし、これからの混沌とした時代に役立つ活動を続けます。 お友達と、未来の

着物ともんぺ袴でヨガ!

和道ヨガのもんぺ袴スタイル 着物を着ているから、あたりまえに身体に巻きついているものがある。 襦袢を合わせ、着物を合わせ、帯を三重巻きにしてり、もんぺはかまの紐も幾重にも巻いてる。 結ばず、隙間に埋めるように紐の始末をします。 お腹、腰に何重にも布が巻きついています。 身体に巻きついているものがあると、身体はどうなるか・・・ 身体は内側からその巻きに負けないように、身体が潰れないように張りが生まれるのです。 潰れると、着物が崩れたり、気持ち悪くなったりします。 帯や着物の厚み・重さ、重なりと身体の張りの調和が取れるといいわけです。 三重には三重の調和 九重には九重の調和 身体の調和力と言えるかもしれません この調和力というのは、人間関係にも通用するのではないかと考えています。 いくつものしがらみに負けない身体を育ててくれるのではないかと思います。 肉体はたくましくなります。 着物などの締め付けられるのが苦手な方の共通点があるのです 以前から気になっていました。 ぜひ、着物を楽しく着て、慣れてほしいなぁと思っています。 昨年、かなり大きな追突事故に

骨折したその後。

ヘルニアの手術を二回も勧めらて、入院、手術の日が決まっていたのにドタキャンし、和道ヨガに入会することを選択した70代の彼女。 腰の痛みがなくなるわけではないけれど、なんだか元気だし楽しいと仰る彼女。 家族から「そんなに和道ヨガ楽しみなの?」と聞かれるほど楽しみにしてくれていた。 そんな彼女が怪我をして、足を骨折して入院、手術。 もう辞めますと言うと思っていたのですが、「先生お休みしますから」という元気な声。 その後、時折経過報告してくれて、「来月から復帰したいですがいいですか?骨はまだ完全についてないようなんですが、病院ではリハビリも来なくていいっていうから。」 骨はちゃんとついてないけれど、リハビリこないでいいと言われて、家にいるだけではつまらないから、和道ヨガに来たいと仰る。 凄い!! 楽しいと言ってもらえて、ただただ嬉しいです〜 もう一人の70代の方。 手首骨折、金具が入ったままですが、毎回かかさずお稽古に参加です。 凄い!! 健康な時だけでなく、辛い時も、病んでいる時も、疲れている時も だるい時も、和道ヨガのその場に来て、できることをした

「JT生命誌研究館」(高槻にあります)

厚かましい・・という陽子さんの言葉に反応!!! floweringセラピー®︎の陽子さんが主催してくださった和道ヨガの前に、大阪にある二箇所、前から行きたいところに行ってきました。 「太陽の塔」と「JT生命誌研究館」(高槻にあります) この二つには共通点があります。 (宝塚に行ってさらに 手塚治虫記念館にもよりましたが、ここにも共通点がありました。) 中村桂子さんが館長務める博物館に行って見たかったのは、ラジオを聞き、そのあと本も読ませていただいて感動したからです。 命を大切にするということを 科学者から発信されています。 命の大切さは今話題のスーパーボランティアの尾畠さんも言ってましたね。 人間の体と自然は共鳴している。人は自然と共存してきたはずでした。それがどうも違っていたようです。異常気象という言葉は人間からみた言葉で、自然にとっては雨が多くても暑くなっても自然そのものです。 私たち人間は、自然を壊し、コントロールしようとした厚かましさが今の状況を生み出していることにもう気づきませんか? 陽子さんは女としての一部分にフォーカスされています

®️のマーク

久しぶりに大阪宝塚京都を歩きました。 恩師が京都人だったので、勉強会、合宿等で通った時期があります。 地名を見て思い出す事が色々とありました。 恩師が亡くなり 来年は一区切りです。 今回の滞在で沢山の気づきを得て、前進します。 新しいHPの和道ヨガの名称の横に商標登録の証の®️をつけました。 恩師が 和道ヨガを通して何をなさりたかったか。 その本質をお伝えすることが恩師への1番の恩返しだと思っております。 ヨガには沢山の流派がありますが、和道ヨガには師匠も弟子もおりません。 免状や階級もありません。 出会った方々が師匠であり、全て大切なご縁だと考えています。 和道ヨガは特別なものでなく、昔、生活があったところには誰でもあった感覚です。それをこれからの混沌とした時代に活かしていただきたく活動しております。 和道ヨガでは、 認定制度、資格制度等、教室開設制度は取り入れておりません。 ご理解、ご了承ください。 和道ヨガという名前はすばらしい! 大和魂を思い出させてくれる響きですね〜 と、素敵な方にとっても喜ばれました。 その笑顔にも背中を押されました

和道ヨガ

Tel: 080-6098-6371

Fax: 011-685-0411

kokorotoyoga@gmail.com