「肩甲骨を滑られせて〜」

今月の体操の一つ 簡単な体操! でも体を引きつらせてしまっては伸びないし心地よくない。 お腹や胸を気持ちよく開きたい。 肩甲骨を滑らせるように動くと前側も後ろ側も気持ちよく伸びていきます。 少しずつ気持ちよく伸びていく身体の内側の感覚は、身も心にも満足感をもたらします。...

6月のテキスト作成!

和道ヨガの資料 6月のテキストとして久しぶりに作成。 これからまた少しずつまとめていきます。 再開した理由は、新しい生徒さんが増えたことと、これからの新しい時代に必要なことを和道ヨガ通してお伝えしたいと思いました。 まとめたい資料も沢山あり、もう一度踏ん張ろうと野良仕事しな...

肉体労働、頭脳労働の他に・・

労働には肉体労働と、頭脳労働の他に「感情労働」ってあります。 アメリカの社会学者、ホックシールドが指摘しました。 例えば、フライトアテンダント サービス業の方々も当てはまりますね。 気の遣いすぎに、部分浴、温湿布が効果的ですよ〜 タオルを湿らせてレンジでチン...

部分浴

一昔前の不便な日常の生活は 身体を丸ごと使っていた。 そのような体はお風呂に入って疲れが取れたようです。 今の体は部分的な使い方です。 部分的に酷使している・・・ 部分的であっても、疲労は全体的に感じてしまう。 部分疲労はお風呂に浸かってもなかなか疲れがとりきれない・・・。...

改めて〜焼酎風呂

以前お風呂に焼酎を入れる効果をお伝えしました 神田橋先生の書籍に書かれています。 いまでも 私は焼酎をいれます 塩の時もあるし 重曹のときもあるけれど 焼酎も今でも使っています。 芋とか麦でなくて 私はホワイトリカーに色々浸けてそれを使います。 アロエ 松 ドグダミ...

こはぜの厚み〜

足袋の生地がペラペラで、こはぜも薄っぺらくて、なんとも頼りない足袋をみました。 足袋がいいと習って、足袋ならいいのかと思い、以前は適当に選んで履いていました。 そのうち、しっかり履ける足袋、気持ちよく歩ける足袋の違いがあることに気づきました。...

急激な温度上昇の変化に対応できるように身体を育てる

和道ヨガでお伝えしている季節の養生法で、汗についてお伝えしていることがあります。 汗をかく時期にしっかりかき、かいた汗はしっかり拭く事。 それをしないとどうなるかは、和道ヨガの恩師から野口整体での「汗の内攻」の教えを学びました。...

足の指に力を

足の指に力、意識がいくようにしています。 特に親指と人差し指 (足に親も子もないので、第一指と呼ぶのが本当だと聞いたけれど、なぜだ?調べてみようか・・) 足袋もそう。 チョキチョキもそう。(準備体操の一部) 足紐もそう。 下駄や草履、足半のお勧めもそう。...

能楽師の見解と一致!

『先日、私が入門している能楽の仕舞稽古で生徒が稽古している様子を観て以下の様な事を述べられました。 「女性でも肩に変な筋肉が付いている方が多いね。男性と張り合って仕事しているからかなぁ〜」 「ミロのビーナス絵画からも判る様に怒り肩のビーナスはいないから、肩凝りと美しい様は、...

ばね

腰のバネを作る運動を和道ヨガではしています こんな格好になったり、ペアで押し合いしたり。 押し合いすると、腰の強さという力を体験できます。 腰の強さという言葉と自分や人の力を感じて合致させると、身体が覚えていきます。 面白い体験ですよ〜 スキージャンプの写真...

正座

「正座は背筋を真っ直ぐにします。 お辞儀をすると腰が伸びるのです。 腰が伸びると深い息ができるようになります。」 と、習いました。 正座しただけでは背筋が真っ直ぐにならないことがわかりました。 背筋を真っ直ぐにしないとならないのです。...

ショールの羽織方

これからの季節、ショールを羽織る機会もあるのではないでしょうか。 羽織方で身体の安定感が変わります。 その違いを検証、体感してもらっています。 カーディガン風 ポンチョ風 おだんご結び 等のフッション的な羽織方ではありません。...

キザで歩く

着物を着てのお茶会で お茶を乗せたお盆を持ち、正座から立ち上がろうしたけれど 立ち上がることができなくてお茶と一緒に後ろにひっくり返ってしまった・・・・ ご本人様は 大笑いしながら話をしてくれたけれど・・ そんなことにならないように、足指、足首、をしっかり使いましょう。鍛え...

今、菜食にしています

菜食をすることを決めたのは、ある本に書いてある事がきっかけでした。 ずっと頭に残っていて、どういう意味だろうと考えていました。 肉魚も 植物も同じ命です。 でも、命のつながり方が違うのです。 あり方が違うわけです。 他の菜食の方はどうかわかりませんが、動物は食べてはいけない...

骨に負荷!

昨日朝ドラのあと、「骨驚きのパワーとケア術」をやっていましたね〜 骨を丈夫にするには、ビタミンDを摂取すること、紫外線を浴びること そして、身体に負荷をかける運動!を勧めていました〜 有働アナウンサーが「ヨガはどうですか?」と聞いたら、骨の専門家は...

「一度経験したことや慣れた事をするときは、感覚経験があるので身体は自然に動いてくれます〜」の意味を検証〜

「慣れない事をすると 非常に疲れるのは、その動きの感覚経験がないため、何処に力を入れればいいかわからないのです。一度経験したことや慣れた事をするときは、感覚経験があるので身体は自然に動いてくれます。感覚と動作が一致すれば、余分な力が抜けて全身が一つにまとまって動けま